アフィリエイトで成約にならない理由のほぼ7〜8割を占めること。「常識的な感覚で想像するイメージ」と「現実」とのギャップ。

つい先日、こんなツイートを見かけたんですが

東京駅で「この電車は府中本町ゆきです」と言われた時

1. 常識的な感覚で想像するイメージ(一例)↓

2. 現実↓

今日は、こういう「感覚」と「現実」のギャップを理解し、それを埋める作業って、アフィリエイトでも大事だよねって話です。

特に

「アフィリエイトにかなりの時間や労力を割いているはずなんだけど、いっこうに成果に繋がってこない」

っていう人は


  • 「常識的な感覚で想像するイメージ」
  • 「現実」

  • このギャップがちゃんと埋まらず、解くべき解が解けていない。

    そんな落とし穴にハマっているケースが多かったりします(ちょっと前の自分がまさにそうだったんですが…

    例えば

    「SEOでもSNS広告でもPPCでも、アクセスはわりと集めることができているはずなのに、全く成約につながらない」

    と言われた時(もっと具体的に言えば「アクセスは100人集まっているのに成約がゼロ件だった時」

    多くの人が

    「常識的な感覚で想像するイメージ」

    っていうのは、100人が自分のサイトに訪れたとすれば…

    …まさにこんな感じだと思います。

    こういう「常識的な感覚で想像するイメージ」がベースにあると


  • 「どうして100人の人が記事を読んでくれてるのに成約につながらないんだろう」
  • 「きっと自分が書いている記事の“内容”が悪いんだ」
  • 「どうしたら、もっと多くの人を成約させる記事になるんだろう?」
  • 「コンテンツの過不足を見極めて、内容を削ってみたり、追加したりしてみよう」

  • こういったPDCAを回そうとするはずで

    ついつい記事(コンテンツ)の内容をいじったり、こねくり回したりして

    「全く成約につながらない」っていう課題を、どうにか解決しようとしがちです。

    でも、これはまさに

    「常識的な感覚で想像するイメージ」と「現実」とのギャップがちゃんと埋まらず、解くべき解が解けていない典型的なパターン

    だったりします。

    というのも、

    「アクセスは100人集まっているのに成約がゼロ件だった時」

    と言われた時の現実って(もちろんケースバイケースではあるんですが)、多くの場合…

    …こういう感じがリアル(現実)だったりします。

    「常識的な感覚で想像するイメージ」だと、ついついアクセスとして集まっている100人全てが、“コンテンツをしっかり読んでくれている”っていう前提で話を進めちゃいがちなんですが

    「現実」は、そもそも“コンテンツが読まれていない”。

    ちょっと香ばしい言い方を使えば、いわゆる「Not read(読まれない)の壁を超えることが出来てない」ことにボトルネックがあったりします。

    実際、アフィリエイトに限らず、成約につなげる記事やコンテンツっていうのは

    コンテンツを読ませることさえできれば、よっぽどヒドい内容じゃないかぎり一定数は成約につながるケースがほとんど。

    だから、アクセスが集まっているのに成約につながらない理由のほぼ7〜8割を占めるのは

    記事の内容うんぬんの前に「読まれていない」ことだったりします。

    ※実際、Ptengineとか、いわゆるヒートマップ系のツールや、クリック率を計測できる解析ツールを入れたりしてみると

    いかに自分のコンテンツが「読まれていないのか」が可視化できて、もれなく凹みます。笑

    参考:ヒートマップによるUI改善術:第6回 インテリアショップECサイト

    オフラインの営業マンでたとえるなら

    商談さえできれば一定の割合でクロージングはできるんだけど、そもそもその前段階で門前払いをくらってしまっている。

    営業の成果が出ないのは「商談という土俵にすらあがることができないこと」がボトルネックだったりする

    みたいな。

    だから、この場合、


  • 「どうして100人の人が記事を読んでくれてるのに成約につながらないんだろう」
  • 「きっと自分が書いている記事の“内容”が悪いんだ」
  • 「どうしたら、もっと多くの人を成約させる記事になるんだろう?」
  • 「コンテンツの過不足を見極めて、内容を削ってみたり、追加したりしてみよう」

  • こういうアプローチよりもむしろ


  • 「どうしたら100人のうち、一人でも多くの人に読まれる記事(コンテンツ)になるだろうか?」
  • 「どうしたら、そもそもの前提としてNot read(読まれない)の壁を超えることができるだろうか?」

  • こういうアプローチのほうが、成果に直結しやすく

    いわゆる最優先に解決するべき「本当に解くべき解」

    だったりします。


  • ヘッダーとかファーストビューの部分いじってみたり
  • 導入部分の文章をいじってみたり
  • ファーストビュー表示されるまでが重たすぎるので、ページの読み込みをもっと軽くしてみたり
  • 広告やサイト内からの誘導の仕方を変えてみたり
  • コンテンツの語り手を変えてみたり
  • サイト全体の雰囲気や印象を変えるためにデザイン変えてみたり
  • そもそもコンテンツの形式を変えてみたり

  • などなど。

    そうやって試行錯誤して

    「とりあえず、コンテンツは読まれている」

    っていう状況を作り出すことができて初めて、次のステップとしてコンテンツの内容が重要になってくる。

    「(戦略レベルの試行錯誤で)とりあえず、読まれる状況を作り出すことが出来た」

    「じゃあ、今度は(戦術レベルの部分で)もっと多くの人に商品やサービスを買ってもらうためには、どんな記事やコンテンツにすれば良いだろうか?」

    っていう順番で、改善を行ったり、PDCAを回していくアプローチが有効になるんだと思います。

    だいぶ前に、こんなツイートしましたが、

    もし、アフィリエイトで成約する記事(コンテンツ)を作りたいと思うなら

    CVRのカンマ数パーセントを上げるために戦術レベルの部分で、そもそも読まれていない記事やコンテンツの内容をこねくり回すのではなく

    (…いや、もちろんそれも大事だけど)、それ以上にその前段階の戦略部分で

    「いかにNot read(読まれない)の壁を超えて、記事やコンテンツを全て読んでもらえる前提条件や状況を作り出すことができるか?」

    という戦略部分こそ、ほんとうに試行錯誤したり、PDCAまわす価値があるよねっていう話です。

    だから、この「府中本町ゆきの電車の話」、実はすごい大事なことを言っていると思います。

    …そして、ここまでブログを読んじゃったっていうことは、実はこのブログにも

    「Not read(読まれない)の壁を超える」ヒント

    が色々と散りばめられているっていうオチです。

    おわり。

    Twitterやってます

    SEOメインのアフィリエイトもFacebook広告でストナンテクを極めると戦い方の幅が広がる話

    IMG_2055

    今日は、最近うまくいっている「Facebook広告でストナンテクを極めるとSEOでのアフィリエイトでも戦い方の幅が広がる話」です。

    (タイトルがアレですみません)

    ↑6月はFacebook広告が好調でした。

    この辺り、Facebook広告をゴリゴリ回している人にとっては周知の事実かもしれませんが


  • 小回りの効く広告主と仕事する
  • サンクスページにFacebookのタグ(ピクセル)埋め込ませてもらう

  • この条件がクリアできると、Facebook広告の最適化(勝手にコンバージョンしやすい人に寄せて配信してくれるシステム)や、独自のアルゴリズムを駆使して、広告ぶん回しながら、コンバージョン数を重ねていくことができます。

    (※最近は誓約書をFAXしたら、サンクスページにタグの埋め込みOKな会社さんもあったりしました)

    ・・・で、もちろんFacebook広告は、それ自体で獲得件数をガンガン増やしていけることも素晴らしいのですが

    それ以上に、Facebook広告は、圧倒的なスピードでデータが貯まるのが個人的には魅力の一つだと思っています。

    (これはYDNとか、爆発力を持ったディスプレイ系広告全般にも言えることですね)

    特にSEOでの集客を得意とするアフィリエイターにとって、Facebook広告やYDNによって、短期間で蓄積できるデータっていうのは、その後の戦い方の幅を広げるうえでは、かなり貴重なものになると思います。

    「なんのこっちゃ?」

    ・・・って思うかもしれませんが、まぁ、もうちょっとだけ話を聞いて下さい。

    Facebook広告は、いわゆるディスプレイ系広告の一つ。

    合コンに例えられる検索連動型広告と違って、いわゆるストナン(ストリートナンパ)でお客さんをつかまえていくタイプの広告です。

    (例えが、いつもアレで何かすみません)

    ストナンにおいては


  • 赤の他人を立ち止まらせるための挨拶トーク
  • 立ち止まらせるだけでなく、スムーズに会話を続けるためのトークテク
  • 短時間で警戒心を解いて、どこかへ連れ出したり、連絡先を聞き出すテク

  • が重要なように、

    Facebook広告でも、


  • 赤の他人をタイムラインで立ち止まらせて、クリックしてもらう広告文やクリエイティブ
  • LPにアクセスしたユーザーを離脱させずに、スムーズにコンテンツを読み込んでもらうテクニック
  • 短時間で警戒心を解いて、アフィリリンクをクリックしてもらってモノを買ってもらうテク

  • などなど。


  • 全然モノを買う予定じゃなかった人
  • 暇つぶしにスマホをいじってる人
  • 単にネットサーフィンしているだけの人

  • こういうお客さんを態度変容させて、コンバージョンまでもっていくためのテクニックや流れが重要になってきます。

    特に、Facebook広告の場合は、他のディスプレイ系広告と違って、インプレッション課金(広告の表示回数に対して課金する方式)が使えるので

    ストナンでいうところの「赤の他人を立ち止まらせるための挨拶トーク(オープナー)」を、PDCAまわしながら、磨きに磨いてクリック率の高い広告文やクリエイティブを作ることによって

    CPC(クリック単価)を、10円→5円→3円→1円とどんどん下げて、安く大量のアクセスを集めることができるようになります。

    例:

    クリック単価10円:「お姉さんきれいですね。めっちゃタイプです」

    クリック単価5円:「お姉さん落としましたよ!でしゃもじを出して笑いを取る」

    クリック単価3円:「ここら辺で、僕の飼っている、これくらいのペンギン見ませんでした?」

    クリック単価1円:「***」

    CTR(クリック率)がこれくらいで、CPC(クリック単価)もこれくらいを維持できると、素敵ですね↓

    ・・・で、安く大量のアクセスを集めることができる挨拶トーク(広告文)が決まったら、今度はそれに合わせてLPを作成。

    今度は、


  • LPにアクセスしたユーザーを離脱させずに、スムーズにコンテンツを読み込んでもらう
  • 短時間で警戒心を解いて、アフィリリンクをクリックしてもらってモノを買ってもらう

  • の部分で、PDCAまわしながら、磨きに磨いたLPを作っていく。

    それによって、


  • アフィリリンクのクリック率
  • 送客後のアフィリエイト成約数

  • を上げていく日々を送ることとなります。

    ・・・で、ここまでの流れの中で、Facebook広告を駆使してPDCAを回していくと、普通、SEOじゃ考えられなような量のデータが短期間で貯まっているはずなんですよね。

    ストナンで言うなれば、


  • 1万人という膨大なサンプル(標本)に声掛けして導き出された。10人に1人以上をビタ止めさせる挨拶トーク(CTRの高い広告文)
  • 2万人にストナンして分かった、短時間で警戒心を解いて、3人に1人以上の確率で連絡先ゲットや連れ出しができるトークテク(成約率の高いLPの切り口や流れ)

  • みたいなデータです。

    SEOでゼロからサイト立ち上げた場合、それだけのサンプル(標本)を集めるのに、

    「いったい何ヶ月〜何年かかるんだ?」

    っていうデータ量を、しっかりお金を割いて、Facebook広告の爆発力を駆使していくと、生データとして数日〜1週間のスパンで集めることができたりします。

    ・・・で、ここで、冒頭の話に戻るんですが、

    このFacebook広告(やYDN)によって、短期間で蓄積できるデータっていうのは、

    SEOでの集客を得意とするアフィリエイターにとって、その後の戦い方の幅を広げるうえでは、かなり貴重なデータとなります。

    Facebook広告やYDNなど、ディスプレイ系の広告を駆使して、


  • 全然モノを買う予定じゃなかった人
  • 暇つぶしにスマホをいじってる人
  • 単にネットサーフィンしているだけの人

  • こういう、いわば成約からかなり遠いところにいるお客さんを態度変容させて、コンバージョンまでもっていくための流れを作ることができると

    今度は、これをそのままSEOサイトにも応用していくことができます。

    Facebook広告でPDCAをぶん回すと

    「成約から遠いところにいるけど、ある特定(偏った属性)の人たちさえ集めることができれば、磨きに磨いた声掛け(広告文)から、トークテク(LP)で成約に繋げられる」

    っていう状態になっているので、あとはその特定(偏った属性)の人たちを、SEOでも集めれば、コンバージョン数を上乗せして、さらに伸ばしていくことができます。

    イメージとしては、

    1ミリ秒も頭使わずに脱毛でそこそこ稼げちゃって、まじめにやるのが少し馬鹿らしくなった手法暴露

    1ミリ秒も頭使わずに脱毛でそこそこ稼げちゃって、まじめにやるのが少し馬鹿らしくなった手法暴露

    こんな感じに近いものがあります。

    例えば、普段、脱毛系のアフィリエイトをしている人は、脱毛系のワードど真ん中で攻めて成約につなげていると思います。

    その状態に加えて、今度は成約からは距離が遠いけど、“脱毛しそうな属性の人たち”を集めるサイト(ストナンが成功しやすい場)を作って、そこからコンバージョンにつなげていく。

    まさに、そんなイメージです。

    当然、SEOでも成約から遠いところにいる人(キーワード)を集めようと思えば、ライバルは多くないですし、アクセスも集めやすい

    ある特定(偏った属性)の人たちのアクセスが集まったら、あとは、その人々に対して、Facebook広告で成果を出した広告文とクリエイティブを、そのまま用いて


  • サイト内に仕込んでおいた磨きに磨いた声掛け(広告文)からLPに飛んでもらい、コンバージョンまでの流れに乗ってもらう
  • さらに、リタゲタグを仕込んでおいて、偏った属性の人たちをリタゲやリマケでもしっかりと追っていく
  • Facebookのリタゲ(?)広告でも、タイムライン上で、もちろん追いかけていく

  • ということをすると、

    多くのSEOアフィリエイターが既に取り組まれている、

    「成約から距離の近い人を、SEOで効率良く集客してコンバージョンにつなげていく方法」

    に加えて、

    「成約から遠い距離にいる人も、SEOで集客して、Facebook広告で磨きに磨いたストナンテクを用いて、コンバージョンにつなげていく方法」

    で、今の成果に上乗せして、成約数を伸ばしていくことができます。

    一見すると、机上の空論になりがちな、このやり方も、Facebook広告で大量のデータ集めつつ、短期間でPDCAを回すことによって、最近はしっかり成果に繋げることができています

    前もこんな感じでつぶやいたことありますが、

    今回の話も


  • 恐竜の頭部分=成約から距離が近いワード
  • 恐竜のしっぽの部分=成約からの距離が遠いワード

  • ・・・って考えると、ライバルは多いけど成約から距離が近いワード(恐竜の頭部分)は、当たり前のように攻めつつ

    併せて、成約からの距離は遠いけど、ライバルは少ないワード(恐竜のしっぽの部分)も上記のようなやり方で、コツコツと成約積み重ねていくと件数が上積みされて、非常に良い感じになっていくのでオススメです。

    おわり

    Twitterやってます

    順位が固定されて上が重い時。リンクがあんまり効かなくなった時、コンテンツ重視のホワイトハット風記事作りたい時に大事かもというアプローチの話

    今日は、


  • ある程度、順位が固定されて、上が重い時
  • リンク付けしてるけど、あんまり効かなくなった時
  • コンテンツ重視のホワイトハット風記事作りたい時

  • に、ジワジワ効いてくる、上位表示を狙うための結構大事かもというアプローチの話。

    先に結論からざっくりまとめて言うと、

    PPC広告もSEOも部分一致でキーワードが拡張するので、それらを補足していくのが大事だと思うよ

    っていう話です。

    何か狙ったキーワードで上位表示したいと思った時、様々な要素がある中で、網羅性(残らず取り入れること)という部分で加点を得ていくには、

    個別の記事ページで検索ボリューム2000くらいのキーワードで上位表示するために、どう記事を構成するのか

    (とても良い記事です)

    基本的には、こういうやり方でキーワード系のツールでサジェスト拾いながら、

    「そのキーワードを検索する人が何を知りたいのか?」

    を想像して、グルーピングしつつ、それら全てに答えらるような記事を仕上げていくんですが

    でも、最初に書き上げた初期段階の記事っていうのは、キーワードツールやQ&Aサイトには表れない(顕在化してない)ワード(ニーズ)は拾えていないわけで、

    ツールやQ&Aサイトだけのリサーチで作った記事は、コンテンツの網羅性が100点とは、まずならない

    まぁ、それでもSEOは相対評価だから、ライバルが強くないワードなら、コンテンツの網羅性で100点とらなくても上位できる。

    けど、やっぱりライバルひしめくワードでも、網羅性の部分で、より高得点は狙いたい。

    ・・・で、どうするかなんですが、

    キーワードツールやサジェストツール、Q&Aサイトをもとに、網羅性を意識して書いた記事っていうのは、

    PPC広告でいうところの、キーワードツール(既に見えているデータ)から引っ張ってきたワードを、とりあえず、部分一致(※)で入札したような状態

    ※指定したキーワードだけでなく、その類義語や関連語句に対しても幅広く広告が表示されるキーワードの設定

    でも、PPC広告でも、部分一致で入札すると、Yahoo!やGoogleが広告側で、勝手に意味を拡張して、当初想像もしていなかったキーワードでアクセスをたくさん拾ってくるように

    SEOでも、網羅性を意識した記事を書いていくと、徐々にPPC広告でいう部分一致の拡張みたいに、思いもしないキーワードをたくさん拾ってくることある

    アクセス解析見てて、


  • 「いや、全然そんなこと言及してないっしょ」
  • 「そのキーワードで、このページ出すの?」
  • 「それ、意味を拡張しすぎじゃない?」

  • みたいなワードたち。

    でも、こういう生データは、こと網羅性という部分で加点を得て、より上位を狙ううえでは、大きなヒントになる(と思ってる)

    PPC広告でも

    部分一致の拡張で拾ってきた(当初意図していなかった)キーワードは、クリック率を上げ、広告の効果を高めるために、新たにキャンペーンや広告グループを作って、そのキーワードを、完全一致でも出してあげる

    みたいなことするけど、

    SEOでも

    初期段階では、まだ言及できてなかったけど、その後の運用で拾ってきた(拡張された)クエリ(ニーズ)を、その記事に追加(補足)していく

    ということをすると、網羅性という部分で加点を得て、より上位を狙うことができる。

    ・・・で、こういうアプローチを続けると、コンテンツは長文化していく。

    ただ、もちろん、これは


  • 「5,000文字書いたら上がる」とか
  • 「1万文字書いたら上がる」とか

  • そういう、文字数という結果の部分だけ見て

    「ただ単に長ったらしい文章を書けば良い!」

    って話じゃなく、網羅性を高めていくアプローチの結果として、そのコンテンツが長文になっていく感じ。

    ダラダラと書いたけど、

    結局何が言いたいのかと言えば、記事を書く前段階のリサーチでよく使われる


  • キーワードツールも
  • Yahoo!知恵袋みたいなQ&Aサイトも

  • 結局は顕在化している(見えている)ニーズや、それを表すクエリ、複合ワードは拾えるんだけど、それ以外は拾えない(いきなり網羅性100点は狙えない)

    でも、記事を作って、それを運用していく中で、アクセス解析に引っかかってくる


  • ツールじゃ見えなかったクエリ(ニーズ)
  • ツールじゃ拾えなかったクエリ(ニーズ)

  • こういうのを、どんどん拾って記事の網羅性を上げていくと、


  • ある程度、順位が固定されて、上が重い時
  • リンク付けしてるけど、あんまり効かなくなった時
  • コンテンツ重視のホワイトハット風記事作りたい時

  • に、ジワジワ効いてくる、上位表示を狙うための、最近では個人的に結構大事かもというアプローチになっています。

    おわり

    Twitterやってます